2020年02月14日

小学算数1つ目の壁

 算数が苦手なお子さん向け話題です。

 算数の文章題では、必ず式を書かせるようになっているのですが、あれって、どうなんだろう。結構、あてずっぽうやら、それらしい感じに適当に式を書いたりしますよね。ということは、式になるまえの『考えたこと』を書くべきじゃないのだろうか、と思うのです。さだのおかが前から提唱している『書く算数』ですね。

 「なんて書いていいかわからん」となるのですが、そこは、例文を与えておきます。最初は、掛け算を導く文1つと、割り算を導く文2つ(と必要なら対応を表す文ひとつ、)計3(4)つでことたります。このうち2つ以上を使うような問題(小4レベル?)からスタート。赤字が文のテンプレートです。
例題 200個1200円のキャンディーを40個ずつ小袋に分けました。一袋何円になりますか?
解答例1
200個40個ずつに分けると、200/40=5袋。
1200円つに分けて、1200/5=240円
解答例2
1200円200に分けると、(ひとつ)1200/200=6円
6円40個あるのだから、6X40=240円
(比例はまだ使いません)

 クリアの目安は、子供が「文を書くほうが解いた充実感がある」と感じるようになること。考えるための言葉を獲得しながら進んでいかないとね。小学算数1つ目の壁は、『言葉の壁』と、さだのおかは思っております。

 小学生クラス、越えてきた感があるのでご報告がてら。
 次に挑むのは、『分数がわかればすべてわかる』だ。いや、ほんと、分数がわかるだけでいいのよ。
posted by さだのおかのひののさと at 00:00| Comment(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください